心筋梗塞の怖さ、原因、間違った知識、治療法!

病気

心筋梗塞の怖さ、原因、間違った知識、治療法!
  • 日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

心筋梗塞とは

急性心筋梗塞とは心臓に血液や酸素を送る血管「冠動脈(かんどうみゃく)」が動脈硬化によって詰まり、それより先に血流がいかないことによって筋肉が壊死(えし)してしまう病気です。壊死した部分が大きくなると心臓がうまく機能しなくなるため、命にかかわる危険性があります。
WHOの調査では、急性心筋梗塞によって死亡する例はその患者さんのうち80%が24時間以内、その3分の2は病院に到着する前に起こっています。よって、急性心筋梗塞の疑いが見られたら早急に病院で処置を受けることが重要です。

心筋梗塞の主な症状は

・強い胸の痛み
・呼吸困難
・吐き気
・冷や汗

があげられます。心筋梗塞を起こすと、約3割は死亡すると言われています。しかもその大多数は、発症から数時間以内です。ですから、心筋梗塞が疑われる症状がある時は、時間外、などと思わないで、迷わず救急車を呼ぶことです。発症後、すぐに心筋の壊死が起き始めますので、迅速な対応が必要になります。

出典 http://happyskywalker.com

心筋梗塞による合併症について

1.左室破裂(さしつはれつ)

心破裂(しんはれつ)という心臓に穴が開いてしまう状態の一種。「左室破裂」は心臓の左室と呼ばれる壁が虚血によって壊死(えし)したところに力が加わって損傷した状態です。

2.心室中隔穿孔(しんしつちゅうかくせんこう)

心臓の内部にある心室を仕切る壁が損傷した状態を指します。仕切りが機能しなくなることにより、体内を循環させるために送り出す血液が心臓内で逆流します。

3.乳頭筋不全(にゅうとうきんふぜん)

乳頭筋不全は左心室の僧房弁を支える乳頭筋が虚血によって壊死し、弁の機能が失われた、あるいは低下した状態です。

4.左心室瘤(さしんしつりゅう)

左心室瘤とは、左心室の壁が虚血によって薄くなることで収縮力が低下し、心臓のポンプ機能が十分に働かなくなる状態を指します。

5.虚血性心筋症(きょけつせいしんきんしょう)

左心室の壁が虚血によって弱くなり拡大した状態のことです。収縮力が落ちることにより心臓のポンプ機能が低下します。左心室瘤とは違い、瘤ができるほどではありません。

出典 http://www.skincare-univ.com

心筋梗塞の治療方法

心筋梗塞の治療法としては、薬物療法、カテーテル療法、手術療法があります。
発症からの時間、症状の度合い、患者さんの体力などにより選択されます。

出典 http://shinkinkosoku.jp

予防効果が注目される栄養素

•カルシウム
•カリウム
•食物繊維
•n-3系脂肪酸(DHA、EPA)


実はこの4つ、いずれも心筋梗塞の予防に重要な栄養素なのです。

出典 http://www.healthcare.omron.co.jp

運動療法のポイント

運動処方の内容として、運動の種類、強さ、時間、頻度が決定されます。運動は強すぎても弱すぎてもよい効果が出ないため、運動処方を守って運動することが大切です。

心不全の場合の運動は、歩行(早足歩き)、自転車こぎ、体操、軽い筋肉トレーニング(低強度レジスタンストレーニング=後で説明します)などがお勧めです。一方、水に潜る水泳、激しい運動、体に強い負荷(負担)がかかる筋肉トレーニング(腕立て伏せ、重量挙げなど)、悪天候(猛暑・酷寒)時の屋外での運動は、心不全の患者さんにはお勧めできません。

心不全の場合の運動の強さは、最大能力の40~50%が目標で、そのめやすとして運動中の心拍数(トレーニング心拍数)を用います。トレーニング心拍数は運動負荷試験の結果に基づいて決定されますが、最適なトレーニング心拍数は人によって異なりますので、リハビリ担当の先生に尋ねてください。

運動中の脈拍数を自分で測定すること(自己検脈)ができるように練習しましょう。自己検脈がうまくできない人は、心拍数計を使用する方法もあります。在宅運動療法では、指示されたトレーニング心拍数と自己検脈の脈拍が一致する強さ(速度)で運動しましょう。

適切な運動の強さのもう一つのめやすは、自覚症状です。運動中に自分で感じる症状の強さを「ボルグ指数」〈図3〉と呼ばれるスコアで表します。心不全の場合は、11点(楽である)~13点(ややきつい、軽く汗ばむ)の間くらいが適切です。

1日の運動時間は30分~60分が適切とされ、1回15分~30分を1日2回、合計30分~60分のように2回に分けてもかまいません〈表3〉。

運動の頻度は1週間に3回から7回が適切とされています。心不全が軽症の場合は、週5~7回運動してもかまいませんが、重症の場合は週3~5回と少なめにする方が安全です。その場合、少なくとも週1回は外来リハビリに参加して病状のチェックを受けてください。

出典 http://www.ncvc.go.jp

間違った入浴法

入浴は、心筋梗塞や脳溢血を起こす大きな原因のひとつでもあります。まず原因は、浴室や脱衣所が寒いということです。寒ければ全身の血管が収縮してしまいます。そんな状況で浴槽に入ってしまい、さらに水圧で全身が圧迫されてしまって、一気に血圧が上がってしまいます。そして、42℃以上のお湯の温度が高いお風呂に入ると、血液の粘性が高まります。また、15分以上の長湯をしたり、大量に発汗したりしてしまうと、血液の水分が減って血液の粘性がさらに高まるため、血管が詰まって、心筋梗塞や脳溢血を引き起こしやすくなります。
アルコールによって脱水症状になっているところに、さらに発汗して血液の水分を奪うのですから、血液が血管に詰まりやすくなるのは避けられません。

出典 http://tyoiwaruoyaji.wordpress.com

心筋梗塞のメカニズム

心臓リハビリテーション

心筋梗塞などが起きるとどうなる?

旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
1
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin